Results for category "女の本能"

男性と女性の性欲の感じ方

女性にだってもちろん性欲はあるわけですね。でも男性と女性では、性欲の感じ方に違いがあるようですね。男性は視覚的な刺激で強く性欲を感じるとはよく言われることです。逆に女性は触れられたり、感情に訴えるような感覚的な刺激のほうにより性欲を感じるようです。女性は個人差はあるものの、排卵期や生理の前後に性欲が増すという人も多いようです。排卵期に性欲が増すのは、子供をつくるという意味からいえば納得がいくわけですよね。だが、どうして生理の前後に性欲が増すのかについてはまだよくわかっていないようです。ホルモンが関係しているだろうということは推測がつくわけですが。逆に生理前後は、子供ができにくい時期なので、セックスを楽しむために性欲が増すようになったのだという説もあるようですね。どちらにしろ、女性の性欲は男性ほど強くはないわけですね。その理由は男性ホルモンや視床下部の性欲中枢の大きさの違いがあるわけです。他にも、男性の場合は俗に「溜まる」というような表現があるように、性欲イコール射精欲という意味合いが強いからですね。定期的に精子がたまることで、性欲も増すということなんですね。だから熟女が出会い系サイトに求める事というのも、ただ単にセックスして性欲を発散させるということではない場合が多いわけです。男女の性欲の違い、それが男女が出会い系サイトで求めている事に微妙に差を与えているわけですね。もちろん色んな熟女がいて、それぞれ性欲の強弱にも差があるわけですから、多くの男性と同じように性欲を発散させるためだけに出会い系サイトを使っているという熟女もいるでしょうけどね。

潜在的な浮気予備軍

安定した暮らしというのは、平和ではあるが単調で退屈なものです。多くの女たちはそんな日常に飽き、ときめきと変化を求めるようになるのですね。安定と刺激とを天秤にかけ、うまく両方を手に入れる方法はないものかと考えるようになるのですね。白馬に乗った騎士が現れてくれることを思い、自らのときめき願望を満たしているのですよね。つまりそれは擬似的に浮気をしているようなものなのかもしれません。現代の多くの主婦たちは、まるで口をそろえたように、ときめきが欲しいと話すようです。変化のない日常に飽き、ときめきたいという思いを叶えるにはどうすればいいかを常に模索しているようなんです。快感ホルモンのドーパミンが分泌するような刺激的対象を希求しているのですね。 Read More →

いちばん妊娠しやすい時期に不倫相手とセックスする

鳥類には一夫一婦制をとるものが多いと言われます。巣をつくり、ヒナにエサを運び、オスとメスがつがいで行動をするさまは、人の目には実に仲むつまじく映るので人気があります。そんな様子から、おしどり夫婦という言葉も生まれたようですから。だが、そんな鳥たちのDNAを調べたところ、浮気の動かぬ証拠が続々と出てきたようですよ。メスが巣にダンナのいない隙を見計らい、よりカッコがよかったり、より歌がうまかったりするオスを選んで体を許していることが判明したようなんです。これは、より優れた生殖能力を持つオスから優秀な遺伝子を得て、より優れた子供を育てようとするメスの性戦略の一環なんでしょう。もちろんダンナは浮気の事実を知らないわけです。そして、メスは何食わぬ顔で、浮気によって得た、より優秀な遺伝子を自分のダンナであるオスに育てさせるのですよね。そして人間の場合でも、これが当てはまるのではないかという研究もあるのです。 Read More →